冬至。陰極まる。

そろそろこの場所に来て1ヶ月。

あえてどう過ごすか何も計画せずにやってきて、たくさんのお誘いをいただいたり、その日に思いついたところに行ってみたり、そしてこの素晴らしい景色を望む家でたくさんの時間を過ごしました。

この時期、明るい時間は本当に短く、雪国超初心者の私たちとしては天候の悪い日と暗い時間に車で移動するのはほとんどしないようにしてきました。
(本当に命にかかわる!)

暖かいこの家で過ごす時間が私たちにはとても大事で、たくさんの話をして、編み物や読書や仕事をして、この街で出会った友人の作ったお米や野菜や卵を中心に料理をして過ごしました。

形として何かが進んでいるとか、見通しがあるとか、そしてそのために計画して努力するとか、そうして生きてきたし、そうでないといけないと思ってきた気がします。

でも、努力するのは素直で、正直であること。そして今に感謝して楽しむこと。

自分のやるべきことをやっていくこと。

それがすべてなんだと思っています。

そして、それよりも「現実」を優先してしまったり、小さな嘘をついてしまったり、努力して、意識していても、そういうことがたくさんあるということもよくわかりました。

私たちは「ただまっさらに今を生きる存在」になった時、どんな世界に出会えるのでしょうか。

この1年、よく学んだと思います。

自分の持っているものの多くをそこに捧げました。

もちろん、世界や個人的ないろんな状況が重なってのことですが、今まで学んだことを全然生かせてこなかったことを思い知ったし(あんなに勉強したのに!笑)、学ぶことはとても楽しい。

楽しいのは、きっと世界が拡大していき、自分の可動域が広がるからだろうと思います。自由になれる感覚というか。

アーユルヴェーダを学んで一番衝撃だったのは「すべての病の原因は知性の冒涜によるものだ」ということでした。

学んだことを適切に生かせないことが病につながる。

本当はわかっていることをどれだけ無視してきたか、それによってどれだけの困難があったかと思うと心から納得できます。

学びは日々の生活に溢れているし、アップデートし続ける必要があります。

先日、個人セッションをアップデートしましたが、さらに近々共に学ぶ場を開く予定です。

今年学んだこと、今まで学んだこと、今の視界を惜しみなく共有していこうと思っています。

いよいよ、自分のダルマ(使命)のためだけに純粋に進んでいく時がきたと感じています。

星のめぐり的にも明日はすごいタイミングなんだそう。

世界と共鳴し、自分を生きるということを共に学び、探究していく方をお待ちしています。

個人セッション


.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。