センスに合わないものを選ばないこと。 (正敏)

目に触れる色、受け取るメッセージ、いる場所…

センスに合わないものを選ばないこと。

それはノウハウや知識や情報よりも、ずっとずっと大切なことです。


あなたにとって大切な誰かがあなたのために、自分のセンスに合わないものを選ぼうとしているとしたらどう感じるでしょう?

その優しさに打たれると同時に、その瞬間まで彼/彼女の自己犠牲の精神に気づけなかったことが申し訳なくなるのではないでしょうか。そして間に合うならなんとかして止めようとするでしょう。

選ばれたそれは、選んだ本人の世界に舞い降ります。いくらそれがあなたのためだったとしても、選んだ彼/彼女にとってはそれがある世界を創造していくことになります。

人を操作する罪深さは、そういう意味での罪深さでもあります。

そして、大切な誰かは、あなたにとってあなた自身でもあるはずです。

あなたにとってセンスに合わないものを選ばないこと。たったそれだけのことで、世界はどんどん心地よくなっていくと確信します。

IRU project 正敏

とても相性の良かった樹。樹にはまず名乗り、近づいて良いか、触って良いか尋ねます。

正敏の仕事

日々の営みを共にする講座

セッションよりもフランクに皆さんとお話をしながら、心身にアプローチするワークをお伝えしたいと思っています。アーユルヴェーダや西洋占星術のような伝統的な心身の知識、気功や呼吸法などの身体論的アプローチ、生化学理論の学びを現在の僕なりに組み合わせたワークをみなさんにお届けしながら、心地よい時間を過ごしていただきたいと思っています。

日々の営みと自分に出会い直す旅(セッション)

一人一人が健康や暮らしの情報のループから抜け出し、自分の「日々の営み」によって心身と衣食住を見直すオンラインセッションです。西洋占星術やアーユルヴェーダの観点から、お客様の心身の性質(火地風水・トリドーシャ)に合ったものを共に探索してゆきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。