新月の誓い(mayu)

新月。

自分の気持ちに、感覚に、正直に生きていこうと決めました。

それで、本当に、自分の持って生まれた性質を大事に大事に生きていく。誰とも比べない。

そうありたいと思ってきたけれど、私にとっては簡単なことじゃないです。
ずっと比べられて比べて、そのたびに小さな優越感や小さな自己否定をいっぱいいっぱい積み重ねてきたから。

でもね、この1年で、人には持って生まれた、その人にしかない「自然」というものがあって、やっぱりそれを生きていくことでしか幸せはないということ、そして、それ以外の外部基準に合わせたり、自分でも自覚がないままに制限をかけてしまうことが、どれだけ人の力を奪い、苦しみを与え、病いを引き起こすか、ということが本当に腑に落ちたのです。

古代の人たちは世界のあらゆる事物を「空」「風」「火」「土」「水」を象徴とした元素の組み合わせやバランスでとらえられると考え、そこから人が生きていくための知識も生まれていったのだけれど、これは本当にすごい知識だなと思います。

これは性格的なことはもちろん、身体の特徴にもあらわれるし、

もちろんどんな病いにかかりやすいかとか、どんな仕事が向いているとか、どんな人と相性がいいとか、そういうことも考えていくことができるし、

バランスを整えていくにはどんな要素を取り入れたらいいかとか、季節や1日の中での時間によって何に気をつけたらいいかとか、自分に合う食べものは何かとか、そういうセルフケアにも活用できます。

(自分の性質が知りたい人はぜひセッションを受けてもらいたいです。新しい自分に出会う、衝撃的で新鮮な体験になることでしょう!)

例えば、わたしは「水」が強い面があって、これは活発に動き回るよりもじっくり人と向き合って、つながっていくことが向いている性質があるとされます。

でも、SNSでどんどん発信している人とか、自分のことをうまく表現できる人とか、人のことを気にせず動ける人とか、物事に動じず自分のことに集中できる人とか、そういう人に対してちょっと劣等感を持つことがあったりする。

まぁ、はっきりいうと、人のことがすごく気になるわけです。。。(笑)
(あくまでわたしの話です)

その一方、だからこそ人のことをずっとみてきいて考えてきたし、それに関することをずっとやってきました。

「重い話とかネガティブな話をきいてしんどくならない?」と何度もきかれますが、それはまったく感じたことがないです。(もちろん、難しさはあります。でも、それは必要なことだと思うし、考えざるをえないというのが私の性質そのものだと思います。)

あえて、客観的にいいますが、誰でもできることではないはずです。

そして、いいとか、悪いとか、そういうものではない。
そういう分け方で自分や他人をみてしまうのだとしたら、きっとそこにはどこかで刷り込まれた何かしらの観念があります。

自分の持って生まれた性質というものは、感情や観念以前に「そうせざるをえないこと」として必ず現れているものだと思います。

何がいいとか悪いとか、そういう二元論を超えて、自分の生命を生きる、私の性質を大事にしていける、そういう世界を作っていきたい。

本気で、そう望む仲間に出会っていきたいと切に思っています。

本当に信じられるものをずっと探してきましたが、今一つの答えがあります。

わたしが今ここにいるということ、そしてあなたが今そこにいるということ。

そのことだけだなぁと。

あなたがあなたを大事に生きていけるように、生命が輝いていくように、

今まで培った知識をすべて使って、そのサポートをしていきます。


形ではなく存在をみることのできる人間であれるよう、わたしは精進しつづけます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。