ジャッジではなく、チェックでもなく。 (正敏)

おはよう。

一日の始まりは今日という一生の始まり。

この世界に産み落とされた、この身体が初めて接する世界。

全身を撫でる。五感を感じる。

産毛に沿って、さわさわと。

この身体の質感、ふくらみ、かたさ、あたたかさ、しめりけ。

あれ、優劣って何やっけ。

正しさってどこにあったっけ。

ジャッジではなく、チェックでもなく、タッチを身体は求めてる。

あなたが大切な人や物にするように。

ジャッジではなく、チェックでもなく、タッチを世界は求めてる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。