「豊かさは既にある」と自己正当化の蓋を開ける勇気。 (正敏)

おはようございます。

スピリチュアルな教えなどで豊かさは既にあるということについて繰り返し伝えられていますね。これは本当に大切なことだと思います。

「朝起きて五感に感謝する」という日々の営みを僕は実践しています。
また、ホ・オポノポノというものも有名です。僕は共通するものを感じます。
これらどちらにおいても、「本当に感謝していなくてもいい」という解釈もあれば「本当に感謝する気持ちが大事だ」という説明もあります。

こういった矛盾は捉え方の違いによって生まれているんだと僕は思っています。だからどちらが正しいとも言える。そして、どっちを選んでいる自分の方が好きかで選べばいいと思っています。

地球には空気があり、そこには酸素も二酸化炭素もあります。
空気を肺に取り込み、酸素を血液に入れて利用し、不要になった二酸化炭素を肺から出す、という「認識」方法を知っていると呼吸ができます。
呼吸に障害などがある人は、人間が作り出した呼吸器を使ってその「認識」をします。

地球に充満している空気という豊かさは既にあり、それを身体が「認識」できれば堪能できるということです。空気を味わう自由があり、かつ空気は自分のものではない。

豊かさは既にあり、自由にアクセスできるし、自分のものではない。この感覚は所有の観念を強く持って入れば持っているほど少しバグが起こりやすいところかもしれないなと思いますが大切ですね。


おそらく、生まれたばかりの僕たちはものすごい恐怖を乗り越える勇気を振り絞り、呼吸という認識変更をしたのだと思います。認識の変更には勇気が必要です。

プライドという自己正当化の蓋を開ける勇気が必要で、それによって僕たちは自分たちのペースで認識を変え、進歩していくのだと思います。

【お知らせ】

いつもIRU projectのサイトをご覧いただきありがとうございます。
今僕たちは新しい講座を作っています。

本質を伝え、心が震えるような講座にしたい。
「自分」にしかできない経験を通して「自分」という制限を外す講座にしたい。
受講してくださった人たちと共により良い世界を創っていきたい。
本当に自分の健康を自分で創っていくために学び続ける人生にしたい。

そんな思いを込めて、日々勤しんでおります。
近日中に公開させていただきますね。

心身のこと、健康のこと、生きるということ、学ぶこと…心から楽しめるものにするつもりです。
一人でも笑顔で生きられる人が増えますように。

では、今日も笑顔で一日を!

IRU project 正敏

どーーーーーーーーーーーーーーん!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。