細胞は生命体の問題を解決できるのか。 〜Kan.さんの『問題は解決するな』から (正敏)

こんにちは、ホロスコープや生化学から心身の健康にアプローチしています、赤阪正敏です。

最近はツイッターを改めて初めて、思考実験として呟きながら、それをこのブログでもう一度考え直す営みにはまっています⭐️


僕はクンルンネイゴンの一番初級のレッスン、「クンルンネイゴンレベル1」だけを野口裕也さんから2020年に受けました(現在はレッスンは中止)。その時に「僕の師匠の本です」として紹介いただいたのが『問題は解決するな』でした。著者はKan.さん。

購入してからは気が向いた時に読み返す本になっています。キャッチーなタイトルとポップなレイアウトで読みやすいんですが、ご本人の歩んでこられた道のシビアさと内容の深さはすごいものがあります。

僕はこの本から問題は人が解決するのではなく、出来事とただ出会っていくだけ。宇宙と共振していくだけ。というメッセージを受け取っています。(あくまで個人的な感想です)それで、昨日のブログに書いたみたいに人間が一つの細胞だとしたら、とまた考えています。

細胞は生命体の問題を解決できるのかという問い。

昨日のブログでは人間=細胞、ミトコンドリア=ダルマ(アーユルヴェーダでプルシャアルタと呼ばれる人生の4つの目的の一つ。ダルマ・アルタ・カーマ・モークシャがある。)、糖=愛と仮定しました。

Kan.さんも僕たち一人一人がエネルギーの循環を高めていくことは重要だと書かれています。そして、細胞にとってのエネルギーの循環というのは糖代謝だと僕は考えます。
糖代謝の流れを簡単に書くと、

細胞内のミトコンドリアが糖を受け取り、代謝し、ATPを産生する

となります。

僕たち一人一人がダルマを遂行し、愛を受け取り、社会・世界・地球にエネルギーを還元していく

というプロセスに例えられ、これはそのままダルマ→アルタ→カーマへの流れと対応させられるかもしれません(あまり強引に結びつけるのも気が引けますが)。

うーん、奥が深いなぁ…ミトコンドリア=ダルマと考えるべきか、ミトコンドリア系回路そのものをダルマと捉えるべきか…。

閑話休題

ところで、僕は糖を積極的に摂取しています。

三大栄養素の中でもっともエネルギー源としてクリーンなのが糖なので、一日中切らさず食べています。ただ、もちろん純粋な蜂蜜や黒糖などの良いものに限ります。

写真は自然栽培の甘夏にきび糖をたっぷりかけたもの。蜂蜜などは特にそうですが、グルコースとフルクトースのコンビネーションはエネルギー源としてとても優れています。何より美味しい!よい糖のあの甘さはやっぱり「愛」に例えらえるような気がするなぁ…。

そして、糖を必要以上に制限する在り方はどうしても「愛を受け取らない」という、ある種ストイックなまでの人類の姿とリンクする気がします。

問い再び

細胞が生命体の問題を解決できるのかどうかですが、結論としては「勝手に解決していくに決まってるんだからとにかくミトコンドリア系代謝を回しまくってください」ということだと思います。

ただ、ミトコンドリア系代謝がスムーズに回るためには酸素も必要だし、ミネラルも必要だし、摂取する水の質も重要だし、様々な害を与えるPUFA(多価不飽和脂肪酸)を始め、様々な毒性物質を取らないような食生活の改善も必要だし、さらに社会環境に存在するたくさんのストレスへの対策も重要になってきます。そして、質の良い糖を適切に摂り続けることも。

つまり、細胞レベルではミトコンドリア系代謝を回して生命体のホメオスタシスをスムーズにすること、人間レベルではダルマ遂行して心身の健康を創造し続けること。

それが結果として「問題なんて勝手に解決してく…っていうかいちいち問題に悩むな」という境地に行き着く一つの道なのかな、と思いました。

<追記>

ちなみに、僕たちがある生命体においてどんな細胞として生まれているのかも、ダルマによって違うと思います。もし僕が白血球のマクロファージ(食細胞)だったら、とにかく「食べる」というダルマを遂行し、生命体に入ってきたら菌とかをとにかくバクバク食べまくり、仲間に情報を送ることで結果的に問題を解決しちゃうわけです。でも当の僕自身はとにかく食べることに邁進してるだけです。だから、問題に頭を悩ませるなよ、というか。世界はそういう風に成り立っている気がします。


僕は現在3つの仕事をしています。

ホロスコープを拝見して、お一人お一人の気質・体質を踏まえた心身の健康にアプローチするセッションである星の舞台に光をあてるセッション

ホロスコープを拝見して、それを「手紙」としてお送りするホロスコープ鑑定、星の舞台の主人公への手紙

そしてイラスト作成です。

今回の文章にご興味を持たれた方は一つ目の星の舞台に光をあてるセッションが特におすすめかもしれません。よろしければリンク先をお読みください。占星術、アーユルヴェーダ、生化学など、いくつかの観点から心身の健康について学び、考え、実践する日々は楽しいですよ。

※正敏のホロスコープについての考えはこちら

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。