はじめての講座に向けて(mayu)

今目の前に起こっていること、今やらなければならないことはひとりひとり違うはずで、もちろん見えている世界も人それぞれ。
世界中で巻き起こっている大きな流れもあるのも事実だし、そんなことよりも今日どう生きるかという状況も同時にあるのだと思います。

初めての講座をやることが急遽決まって、今何をお伝えできるのか、限られた時間の中で必死に考えています。(この講座が終わったら、オープンな形で募集していく予定です)

まずは、私たちという生命体にどんな機能が備わっていて、どうやって日々起こっていることに対処し、生きているのかということ。そして、病いとは何かということも。
「情報」ではなく、生まれてから死ぬまで私たちはどう生命を維持しているのかという、シンプルな話です。みんな本当は知っている、でも多くの人が忘れてしまっているところだと思います。

切り傷ができたらかさぶたができ、しばらくたてばかさぶたが剥がれ、治癒する。
通常、そこにかさぶたを作るための薬は必要ないはずです。
壊れたものを修復するはたらきを持っているということ、きっと誰でも知っているのです。

それから、その生きるためのエネルギーをどう得て、何がそれを邪魔するのか。
まずは食の部分からアプローチしていきます。
毎日食べているもの、制限しているものが、身体にどんな作用をもたらし、今どんな状況にあるのか。
ここはシンプルに何が必要で、何を避けた方がいいか、機序は簡単なところまでになりますが、今すぐにできることとしてお伝えしようと思います。

もちろん、食のことだけではありませんし、世間でいわれているもの、あなたが信じているものとはもしかしたらかなり違うかもしれません。ただ、一つの参考として知っておかれるといいのではないかと思うことをお伝えします。

はじめての講座ですので、入門編としてIRU Projectとしてみなさんにお伝えしたいと思う最低限のエッセンスだけをまとめたものになります。
何かのきっかけになればという思いでもあります。

私たちは、同調圧力や観念や日々見聞きする情報の中で、やはり、自分の責任で自分の選択をしていかねばなりません。
時代の流れの中で、大きな選択をしていく方も多いのではないかと思います。
学んでいくこと、知っていくことが鍵になることもあるでしょう。

どんな時も、自分の身体と心に一度静かにきいてみてください。
私たちの生命は、生きるための選択をします。心身が喜ぶ選択を必ずします。
その声をきく力が、今最も必要なのではないかと思うのです。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。