心身の健康と願いの大切さ。 〜メカニズムを抜けて〜 (正敏)

ホロスコープや生化学から心身の健康にアプローチしています、赤阪正敏です。

「心身の健康」と言っても、例えば

・食べ物を変えればいい
・適度な運動をすればいい

で「済む」ものではないんだなぁと感じる日々です。それは「現れ」に過ぎないからです。

食べ物を変えることや適度な運動をすることはとても大切だと感じている人は多いと思います。もう実践しているかもしれません。そこには「健やかになりたい」という願いがありますよね? 願いがあって初めて「心身が健康である」という動きが現れてきます。よい物を食べ、自分にあった運動をすることを自分で創り出せるということです。IRU projectが「自分を生きる」とよく言っていることも同じです。

食べ物を変え、適度な運動をすることは心身の健康につながりますが、そこには願いという目に見えない生命の躍動が必要です。その躍動なしに動くなら、それは機械と同じではないでしょうか。


心身二元論、機械論(メカニズム)、要素還元主義などから身体を捉えると、究極的には「細胞や臓器を寄せ集めたら人間ができる」という考えに行き着いてしまいます。“それ”はただの肉塊です。そこには魂=美しく生きたいという願いがないからです。願いが人を人たらしめます。

僕は心身二元論、機械論、要素還元主義からもたくさんの恩恵を受けてきたと思います。これらの思考法によって認識しやすくなったものもたくさんあったはずだから。
(例えば「身体のメカニズムを知る」という比喩がもはや比喩として認識されないくらい当たり前の表現になっています。)
ただ、それらの思考法には「これと、あれと、これさえあればいい」という投げやりさが生まれる素地があるように思います。もちろん僕の精神性の問題も大いに関係しています。
だから僕は心身の健康を考え、実践する際には「食べ物変えて適度な運動してればいいんだろう」という精神性に陥らないように気をつけています。一番大切な「願い」を忘れないように、という自戒をこめて。

そして、人に伝える時にもそれを大切にしています。

「なぜ食べ物を変える必要があるのか。本当に変える必要があるとしたら現状の何が問題なのか。」
「適度な運動とはどんな運動なのか。自分の体質・気質に合った動き方、呼吸の仕方はどんなものなのか。」

自分のエレメント(火地風水)はどんなバランスで、普段の衣食住スタイルはどんな感じなのか。
それによってどう偏っていることでどんな病態が現れているのか。
それをより中庸に向けていくためにどんな知識の学び実践が必要なのか。

ホロスコープから気質や体質を推察するにしても、あくまでご自分の身体をご自分で感じてもらいつつ伝えます。そして今までの歩みを見直し、これからを考えて欲しいと思っています。

また、堅苦しくならず、心身の健康には楽しみながら取り組むのが大切です。

現在制作中の講座で特に重要視する糖の大切さはまさに喜び・楽しさと繋がってきます。

仮説「解糖系とミトコンドリア系=頑張りとダルマ。」という記事に書きましたが、糖=愛・豊かさと言ってもいいんじゃないかと最近思っています。

何かを我慢したり制限したりするのではなく、また頭で身体に命令するのでもなく、身体が本当に求めていることをちゃんと味わっていく。
そのためには自分の感覚を研ぎ澄ます必要もあります。
そしてその感覚をきちんとまとめ上げる知識も少しずつ学んでいくことも大切です。

ホロスコープも生化学もアーユルヴェーダも、感覚と知識を楽しみながら向上させていくために深めて行きたいですね!

そして、皆さんの中にある「願い」をどうか忘れず、一人一人の星の舞台を楽しみましょう!

IRU project 正敏


<正敏の仕事>
・心身の健康講座…現在構築中です。近日リリースいたします。

星の舞台に光をあてるセッション…ホロスコープを拝見して、お一人お一人の気質・体質を踏まえた心身の健康にアプローチするセッションです。

星の舞台の主人公への手紙…ホロスコープを拝見して、それを「手紙」としてお送りするホロスコープ鑑定です。

 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

イラスト作成…似顔絵やイラストなど、ご相談に乗りながら制作していきます。

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。