イラスト、それはやってきた光を捕まえる仕事。 (正敏)

おはようございます、ホロスコープや生化学から心身の健康にアプローチする、赤阪正敏です。

僕はイラスト・デザインの仕事もしているので、現在進行形のお仕事に触れつつそのへんを書いてみます。(2021.5.22現在)

作品としてのイラストを

現在農家である友人夫婦の農園のパンフレットイラストとデザインを担当させていただいています。

パンフレットは作品です。友人夫婦の人柄・思想・仕事・野菜などの世界観を「表現」したものである必要があります。そして同時に僕の作品であることも。

そこに描かれているイラストは、友人夫婦と僕の3人が現れているものでないといけないということですね。

描かれた絵に描かれた人が現れていて、同時に僕がそこに現れている。

そんな絵を描かねばなりません。絵のことについて書くと言葉が強くなりがちですが(笑)、それだけ僕にとってこだわりがあるっていうことなんでしょうね。

ギャラリーのページに僕のイラストを載せていますが、よく描けたなと思えるイラストって、

やってきた光を僕がなんとか捕まえようとしている

と感じられる絵なんですよね。

向こうからやってきた光を捕まえるために

いい絵が描けたなって思う時のプロセスを言葉にするのは本当に難しいです。

もう少し具体的にいうと、

描きたい対象を素直によく見、諦めずに愚直に紙の上で応えることという感じです。そしてそこに一振りのユーモアを。

偉そうに言っていますが、奥が深くて終わりがないので、まだまだ僕も修行中です。死ぬまで続ける営みです。それくらい絵を描くことって面白いんです。

再び、パンフレット

そういう意味で、パンフレットを作るにあたって、友人夫婦とはもっともっとやり取りを重ねていく必要があります。しょっちゅうお時間をいただいてはzoom打ち合わせをしつつ、二人の思いを聞いています。

二人のヤギやヒツジや鶏たち、トマトやお米や茄子や人参たちへの気持ちと、自分たちの農園がこれからどうなってゆき、どのように人と関わって世界を創っていきたいのか。

パンフレットを手に取った方々が彼らの農園の世界を存分に味わえるものにするために、頑張りますよ!


<正敏の仕事>
・心身の健康講座…現在構築中です。近日リリースいたします。
星の舞台に光をあてるセッション…ホロスコープを拝見して、お一人お一人の気質・体質を踏まえた心身の健康にアプローチするセッションです。
星の舞台の主人公への手紙…ホロスコープを拝見して、それを「手紙」としてお送りするホロスコープ鑑定です。
 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

イラスト作成…似顔絵やイラストなど、ご相談に乗りながら制作していきます。絵の描き方のコツをお伝えするセッションも可能です。

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。