エムドゥ・モクター(Mdou Moctar)というギタリストを知った。 (正敏)

こんばんは、ホロスコープや生化学から心身の健康にアプローチする、赤阪正敏です。

今回は音楽の話です。ご興味ある人はどうぞ。

エムドゥ・モクターというギタリストの音楽に出会いました。

調べてみると、ジミヘンとヴァン・ヘイレンの名前が挙がっていたので、ファズギターの轟音が響くハードロックなのかなと最初は思っていたのですが、全く違いました。

ギターボーカルのエムドゥ・モクターは痙攣するようなフレーズを、ソリッドかつ必要最小限の歪みで炸裂させます。確かにトリルの野性味はジミヘンっぽい気もするけど、もっとバンドとしてのトータルの音世界で聞かせる音楽という感じで、僕個人的にはギタリストというよりこのバンドに興味が湧いたという感じです。アコースティックでオリエンタルな曲もあり、なんとなくツェッペリンっぽいところもあり、どちらにせよ60〜70年代ギターヒーローが大好きな僕には小躍りものです。

(ちなみに、エムドゥ・モクターについてはこの記事が詳しいです。)

盛り上がりの頂点でパワーコード一発ガーンとやってあとはドラムとベースに放り投げる感じとか、思わず腰が動くようなリズムはストーン・ローゼズやクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーに近いものを感じました。

ただ、やっぱりエムドゥのギタリストとしての存在感は際立っていて(ローゼズもクラップ〜もそこまでギターソロを押し出すバンドでもないので)、ジミヘンやサンタナを彷彿させるものがありますね。

このライブ映像ではそれほど長大なギターソロを弾いていませんが、バンドの雰囲気やお客さんの熱狂が伝わってきて、いいと思います。

メロディーラインは独特で哀愁が感じられるし、自分を押し出しすぎない歌声なのですーっと聴きやすいです。そうだ、日本のバンドだと渋さ知らズとかの感じにも近いかもしれないですね。日本人が祭りで熱狂していく時の感じに近い雰囲気があるように思います。遠い国の音楽を聴いた、という感じにはならないのが面白かったです。

ただただ音楽の趣味の記事になってしまいましたが(笑)、久しぶりにいいバンドに出会ったので嬉しかったです。

これからが楽しみです!

IRU project 正敏


ホロスコープや生化学を元にお客様の心身の健康をサポートします。また、イラストや似顔絵作成も承っています。さらに、イラストや似顔絵作成のアドバイスセッションも行います。お気軽にご相談ください。

・心身の健康講座…現在構築中です。近日リリースいたします。
星の舞台に光をあてるセッション…ホロスコープを拝見して、お一人お一人の気質・体質を踏まえた心身の健康にアプローチするセッションです。
星の舞台の主人公への手紙…ホロスコープを拝見して、それを「手紙」としてお送りするホロスコープ鑑定です。

 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

イラスト作成…似顔絵やイラストなど、ご相談に乗りながら制作していきます。絵の描き方のコツをお伝えするセッションも可能です。

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。