「手に入れる」を手放す。所有から交感へ。 (正敏)

こんばんは、ホロスコープや生化学から心身の健康にアプローチしている赤阪正敏です。

今日は「手に入れるを手放す」というテーマで書いてみよう!と思いました。本屋にいるときにひらめいたことです。


今日は予定通り、ファーマーズマーケットに行ってきました。いろんな野菜を手にとって色や波長を感じ取って自分と合う合わないを確認する。これは僕が「日々の営み」としてセッションでお伝えしているテクニックですが、なかなか面白いし役に立ちます。

相性こそが根拠だよ

キネシオロジーOリングテストと原理は似ていると思うのですが、全く目立たずできるのが利点です。(ブログでやり方を伝えるのは難しすぎる…ヒントは舌、そして気です!気になる人はお問い合わせください笑)「栄養素」や「カロリー」というような概念とは違い、「相性」や「主観性」で食べ物と情報の交換をする感じです。

下のブログでも少し似たようなことを書いてますね。客観的なデータやエビデンスの恩恵を受けつつ、僕は最終的には自分の感覚(主観性)をどれだけ信じ、それを元に生きていけるかが人生の充実度、輝きを決めると思っています。相性を根拠とする生き方です。

本との相性

身体と合う野菜と果物だけを買った後、すぐそばの青山ブックセンターへ。ここは空間もいいですが、BGMも好きです。僕が行った時は本を読むのにちょうどいい音量でローファイなギターポップバンドが流れていることが多く、とても嬉しくなります。(いつもそうなのだろうか?)

例えば、sportsguitarみたいな感じとか(完全に趣味です)。

僕は本屋に行く時は本を買うことを目的にしてません。本と出会うことを楽しみにしています。本相手にも波長や情報のやり取りをしてるんですね。書店には申し訳ないですが(買うこともあります)。

これっておそらく誰しもやっている普通のことだと思います。ブックデザイナーや書店員はそれを見越しながら仕事しているんじゃないでしょうか。ただ、それを波長や情報の交換だと意識していない人が多いだけだと思います。

そうなってくると、もはや本を買うかどうかはあんまり関係なくなってきます。こう書くと著者や出版関係の人にも申し訳ないですが、本を「手に入れる」かどうかというのは買うかどうかではなく、その本と僕との出会いから始まる波長の交換が起こるかどうかなんですよね。

手に入れるを手放す

手に入れるというと「所有」という意味になってくるのが普通ですが、本ってもともと所有の概念とあまり相性が良くない気がします。そこに書かれている情報をどれだけ自分の中で活かせるかどうかの方が重要だし、もっと言うと読んだり思い出したり味わったりするその経験や現象そのものにこそ本との交換、いや交感があるのです。

所有、つまり「手に入れる」を手放すタイミングです。

ほら、どんどん手放していってますよ、みなさんも。もはや本の話でもなくなってきました。何でもかんでも手放してしまえばいい。

所有から交感へ

というか、もともと僕らはほとんど所有なんかしてなかったということでしょう。僕は2020年のこの歴史的現象を東京という場所で過ごして、それを実感しました。

生命とは何か?
死ぬとは何か?
健康な身体とは何か?
お金とは何か?
人を信じるとはどういうことか?
自分を生きるとはどういうことか?

生命も、死も、健康も、身体も、お金も、信頼関係も、自分自身も、僕らは所有していないですよ。たった100年後、僕もこの文章を読んでいるあなたも、おそらくこれらのうち一つも所有してないですよ。そしてそれでいいんだと思います。

手に入れるを手放せばいい。

何もないところから一歩足を踏み出せるのが人間の素晴らしさで、それがしんどい人には手を貸せるのが人間の強さでしょう。

なので、僕はもっと余計なものを手放して、セッションしたり手紙を書いたりイラストを描いたりしていきたいのです。持ってるものより持ってないもので勝負する人間って格好いいです。

交感できる人同士、出会っていきましょうね!

IRU project 正敏


ホロスコープや生化学を元にお客様の心身の健康をサポートします。また、イラストや似顔絵作成も承っています。さらに、イラストや似顔絵作成のアドバイスセッションも行います。お気軽にご相談ください。

・心身の健康講座…現在構築中です。近日リリースいたします。
星の舞台に光をあてるセッション…ホロスコープを拝見して、お一人お一人の気質・体質を踏まえた心身の健康にアプローチするセッションです。
星の舞台の主人公への手紙…ホロスコープを拝見して、それを「手紙」としてお送りするホロスコープ鑑定です。

 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

イラスト作成…似顔絵やイラストなど、ご相談に乗りながら制作していきます。絵の描き方のコツをお伝えするセッションも可能です。

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。