星の舞台の主人公への手紙のこと、そして自分専門家のススメ。 (正敏)

ホロスコープとアーユルヴェーダ、生化学などから心身の健康にアプローチしています、赤阪正敏です。

僕は星の舞台の主人公への手紙という、ホロスコープを拝見し、星の巡る舞台を生きる主人公であるご本人に向けて言葉を綴り、送る仕事をしています。

今日はこのことに触れながら、自分専門家について書いてみようと思います。占星術にご興味ない方にも楽しんでいただけますように!

お客様の許可をいただき掲載しています。

星の舞台の主人公への手紙は、ホロスコープを読めるようになって本当に良かったと思える仕事です。何より、僕が何かを決めたり操作したり予言したりするのではなく、ただ心を込めて手紙を書くだけなんです。これは僕の太陽ノーアスペクト、双子座15度という性質にぴったりと合っていて、社会への自分なりの貢献だと思える幸福な営みです。とにかくゴールや目的を決めず、どんどん言葉を紡ぐことそのものが喜び、というのが双子座15度です。そして、太陽ノーアスペクトというのは、いわば理由や文脈すら必要としない、単独で燃える炎です。

(太陽ノーアスペクト云々にご興味ある方は以下のシリーズをご覧ください)

みんな自分のことにしか興味なかったじゃない!

炎上や批判が当たり前のSNSを見ていると、みんなもっと自分のことに集中した方がいいんじゃないかと思います。

主人公への手紙。紙も文字の色も自由に選べる楽しさ。

自分が子供の時のことを思い出したり、子供を観察したりしていると、みんな自分のことにしか興味ないなぁ!と感じて嬉しくなります。潔い。子供って、手を差し出されたらお菓子やおもちゃをサッとあげたりして、美しいですが、「相手のためを想って」というような「重さ」がない、というところに美しさの本質があります。「相手のためを想って」というのは社会のルールとして言語化して習得するための意味づけです。西洋占星術で言うところの「水星」(発達年齢域は7〜15歳)による言語化・概念化、「土星」(56〜70歳)によるルール化・ 制度化の働きだと思います。

水星は子供なりの社会性の獲得、土星は大人としての社会的成熟などを表す惑星です。どちらももちろん重要ですが、どちらかというと思考・判断などを担当する要素です。水星の隣には金星という「楽しむ」「好奇心」などを表す星があります。土星の外側には天王星という「革新性」「常識的な発想を超える閃き」「ルールを破壊する発想」などを表す星があります。

人のことを慮ったり判断したりという知性ももちろん大事です。ですがそれが飽和を迎えると必ず揺り返しが来るということです。それはいつの時代も同じで、陰陽の法則でもあります。移り変わりながら時代は巡ります。

自分のことにしか興味がないというのは他者を受け入れないということではなく、あくまで自分の感覚で人と関わり、人に与える、ということなのです。

自分専門家に戻ろう

人は歳をとると、やがて赤ちゃんに戻っていくような変化を見せます。大人に比べて子供が優れているとかいうことではなく、ただただ揺り返しなのでしょう。

自分にしか興味がない年頃を過ぎて、いつしか社会でどう活躍するか、社会にどう貢献するか、どう自分を認めさせるかに興味が出るのは自然なことです。

それはとても楽しいことで、僕もそういうことを考えるのは大好きです。ただ、これはおそらく時代の波長でもあり、今は「外」に意識が向く限界点なのかなと感じます。僕は日本にいるので日本だけのことかもしれません。

物事をフラクタルで見ると、時代の流れにも人の一生のように外へ外へと向かう「年齢域」があり、そろそろ「内」へ帰る流れに入っているように思います。

ピカソのような芸術家は先んじてそれを感じていたのかもしれません。子供のように常に自分の専門家であることの強さ、美しさを。家族にも、地域にも、組織にも、取引先にも、学校にも、外国にも、大切な人にも、「自分は自分の専門家でしかない」ことをはっきりと伝える、だからこそ「自分を生きることだけは誰よりもわかっている」と言い切れる。すると、それによって人を操作しない、人をジャッジしない、という敬意を互いに抱くことができるようになると思います。

そう言った以上、僕は誰よりも自分専門家であることを自分に課しています。独立した専門家同士が胸を張って向き合える社会を作レたら楽しくないですか? そのために、IRU projectはこれからも「自分を生きる」ための講座やセッション、手紙の作成を行なっていきます。

では、みなさん今日も良い夢を。

IRU project 正敏 (赤阪正敏専門家)


ホロスコープや生化学を元にお客様の心身の健康をサポートしています。また、イラストや似顔絵作成も承っています。さらに、イラストや似顔絵作成のアドバイスセッションも行います。お気軽にご相談ください。

星の舞台の主人公への手紙…今回の文章で触れているものです。ホロスコープを拝見して、それを「手紙」としてお送りするホロスコープ鑑定です。ご興味あれば是非リンク先をご覧くださいませ。
星の舞台に光をあてるセッション…ホロスコープを拝見して、お一人お一人の気質・体質を踏まえた心身の健康にアプローチするセッションです。こちらはよりご自身のことを深く探求したい方向けです。

 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

イラスト作成…似顔絵やイラストなど、ご相談に乗りながら制作していきます。絵の描き方のコツをお伝えするセッションも可能です。
・心身の健康講座…現在構築中です。近日リリースいたします。

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。