小さな嘘と違和感が教えてくれたこと。 (正敏)

こんばんは、正敏です。今日も暖かい日でしたね。

今日は、日中に書いた

というブログの後半に触れた通り、雑貨を見に出かけて来ました。普段あまり出かけない場所だったので、人や街の雰囲気を楽しんでいました。

浅草にある、美味しく身体にも良さそうな材料を使っておられるお菓子屋さんに行き、日々のコーヒー&ティータイムのお供をたくさん買い込んで来ました。

そして、お目当の一つだったお店で昼食を…と思ってたどり着くと「すみません、今完売しました」とのこと。と、いろんなグルメサイトやwebサイトを見て、別の店に行くことにしました。

違和感の謎

僕は今回の記事で特定のお店やインターネットというものを批判したいんじゃないんです。僕は自分が望む世界を本当に本当に自分で創っていかねばならないんだと痛感したという話です。

代わりに訪れたお店の雰囲気、食べた後の身体の感じ、その後立ち寄ったお店…どうもしっくりこないことがたくさんあり、これはなんだろう、と考えながら帰って来ました。

(途中で浅草寺によっておみくじを引くと大吉だったのでそれは良かった)

帰って来た後、近々予定されているイベントのために訪れたいと思っているある場所に調べていました。

webサイトをくまなく見、いろんな角度からいろんなものを感じてみました。その後、その場所を実際に訪れた人の写真付きのブログを見てみると、あれ? と感じました。そのブログを書いている方はその場所の素晴らしいところをたくさん書いているのだけど、なぜか見れば見るほど違和感が。

別の候補の場所についてもwebサイトをじっくり見、その後その場所について書いている人のブログを見ると、やっぱり同じような違和感…。

なんだか僕は大きな勘違いをしているのでは? と思い、一旦調べるのをやめて身体を横たえました。違和感の正体はなんなのだろう、と考えながら。

小さな嘘

こんなことを書いている以上、全て自分に跳ね返って来ます。だからこそ書きたいなと思っていることです。

インターネットでの発信には、ほとんど小さな嘘が付きまといます。これはほぼ避けられないことです。「自分を良く見せたい」という欲求はインターネットの存在と関係なく、人の心に存在します。それは小さな嘘となって、空間に放たれます。つまり、小さな嘘はインターネットではなく人に起因します。ただ、今の世の中はインターネットにそれが現れやすい構造になっているということだと思います。

今日僕が一日感じ続けた色々な違和感は、小さな嘘に触れた僕の心の身悶えでした。

僕は暗い話をしたいのではないのです。それがきっと人の世で、人に笑顔を向けながら「ああ、本当は辛いなぁ」と誰しも思う時がある。それでも笑顔を浮かべるのは優しさです。それを分かった上で小さな嘘ごと人を受け入れるのは素敵なことだと思います。

ただ、自分の仕事=表現を加工したり修正したり演出したりすることって、いったいどこまでが正義でどこまでが悪なのでしょう。

正義も悪もない

いきなり結論ですが、正義も悪もないのだと思います。もはやそういうことではないのです。

写真を加工し、原型がわからないほど変えてしまったとしても、それに触れた人が違和感を覚えなければそれは波長がマッチしただけのことです。

今日の僕が求めていたのはもっと素の波長だったのだと思います。

正義や悪ではなく、素であること

それが僕が求めているものだとわかりました。そして、僕もそうでなければなりません。僕は毎日IRU projectの正敏として生きることを決めています。このブログを読んでくださっている方々が僕のことを少しでも日常に入れてくださっているとしたら、それは本当に嬉しいことです。

僕は口だけだったり、仕様もない嘘をついたり、嫌になって途中でやめたり、そういうことをたくさんして来た人間です。それでも今心身の健康について学び、実践し、こうして言葉を人にお伝えし、絵を描き…といろいろなことをさせていただける人生を送っています。

なんだかよくわからない理由で何度も命を救われた経験もあります。生かされているんだ、とありがたい気持ちで涙を流したこともあります。そしてそういうことをすっかり忘れて小狡いことをする人間でもあります。

それでも、こうして生きていて、人に言葉を読んでいただける立場にいるんだから、小さな嘘をできるだけ無くして、素の自分で生きていきたいと、そう改めて思わせてもらえる日になりました。

きっと、今この世界は本当にものすごく大切な局面にいると思います。人それぞれ見ている世界が違います。だから、どうか楽しいこと、心が温かくなることに意識を向けて、毎日を大切に過ごしてください。

いつも読んでくださってありがとう。今日もおやすみなさい!

IRU project 正敏


<正敏のこと>

星の舞台の主人公への手紙…ホロスコープを拝見して、「手紙」を送ります。
星の舞台に光をあてるセッション…ホロスコープを拝見して、お一人お一人の気質・体質を踏まえた心身の健康にアプローチするセッションです。

 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

イラスト作成…似顔絵やイラストなど、ご相談に乗りながら制作していきます。

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。