心地よさ100%じゃなかったこと。アセンダント射手座2度の場合。(正敏)

おはようございます、正敏です。

今朝、目が覚めて、白い布に消えないシミが一点…という風に、心に引っ掛かりがありました。

そのことについてよく観察してみると、昨日、心地よさ100%でない選択を一つだけしていたことに気づきました。その選択はかなり衝動的なものでした。

その選択によって、あまり心地よくはないことを自分が引き受けないといけなくなることをようやく僕は理解しました。心身はそれをすでに感じ取っていたということです。

本当に世界は自分が創っているのだと教えてくれる出来事でした。心地よさ100%を選択しなかった代償として訪れるその出来事は受け止めつつ、これからどうするかを考えてみます。

占星術、ホロスコープのことが入って来ますが、そっち方面にご興味ない方にもわかりやすく書くつもりです。

ちなみに、心地よさ100%云々についての記事はこちらです。

アセンダント射手座2度について

ところで、「生まれ持っての性質」を表すと言われるアセンダント(ASC)は僕のホロスコープでは射手座の2度にあります。

射手座は火のエレメントを持ち、柔軟宮と言われるサイン(星座)です。すごく簡単に言うと、直前の蠍座(水のエレメント・固定宮)の持つ「人を集め、深く、静かに人と心の深い部分まで繋がり、一つになっていく」ような性質を抜け出し「人と関わりつつも自分の興味関心の赴くままに、より軽やかに創造的に探求していく」、というような傾向を示すと僕は考えます。そして次の山羊座(土のエレメント・活動宮)の持つ「物理的な形を作り、自らがそこをまとめ上げ、導いていく」フェーズへとつなげていくサインです。(12サインは一つの循環、誕生と死の物語でもあります)

より細かくみると、射手座の2度というのは「たくさんの人に熱狂や刺激を感じてもらいたい」とか「大げさに表現し、賛否含めて反応してもらいたい」というような雰囲気を持つと僕は解釈しています。2という数字は1の持つ「スタート」の次、世界からの反射・反応を表す数字です。

僕の場合このASCの性質に火星や木星、土星、天王星、そしてドラゴンヘッドなどが関わって来ている(アスペクトしている)ので、ある程度強力な性質を持っていると思われます。

突き進んでいくバイタリティを表す火星直感的な啓示や革新性のようなものを表す天王星、そして流行などに関係するドラゴンヘッドとの関わり、それを放任的に拡大させていく木星のサポート。これだけみるとかなり新しいものや最先端のものに敏感な印象ですが、実際の僕は流行に疎く最新のムーブメントに興味がないで(笑)、それを厳しく律する土星の働きが強いのかもしれません。

ですが、子供の時は花火大会の時に花火をバックにチェッカーズを歌い踊りるのが大好きでした。また長い間バンド活動をしてきたり、こうして文章を書いたりして、たくさんの人に自分のことを届けたい性質があります。これはASCがよく表れていると思います。

心地よさ100%の選択ができなかった時の対応

長々と僕の星の巡りのことを書いたのは、皆さんが心地よさ100%の選択ができなくて、あまり嬉しくないことが起こった時の対応の仕方のヒントになればいいなと思ったからです。もちろん、ホロスコープは人それぞれ違うのですが、今回は僕のホロスコープを例に出すことで考え方のヒントにもなるかもしれないので。

とはいえ対応ってシンプルで、今から心地よさ100%でリスタートするだけです。結局起こったことそのものに意味を与えるのもストレスを感じるのも自分なので。

つまり今起こったことは自分が創り出したことだということは受け入れつつ、その都度初めての人生がこの瞬間始まったかのように向き合っていく、ということです。心が揺れてもいいから、それを無理やり抑え込むのではなく、すっとまっすぐ立って初めての一歩を踏み出すように、歩き出す。

その時必要なことはただ心地よく一歩を踏み出すことであって、「目的地に到着しないといけない」とプレッシャーを感じることではありません。

その時、「自ら動く」性質の活動宮のサイン(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)をみるといいかもしれません。僕の場合は蟹座と天秤座がある程度強く、人と関わりながら考える風、思いを共有したりつながったりする水のエレメントが強いので、まさにこうして文章を書き、人に届ける中で自分のリスタートという「活動」のエネルギーを高めているということですね。

こうして日々の思いを言葉にすることは僕にとっての大切な活動であり、皆さんの力に助けていただいているということなんです。

改めてありがとうございます。ずいぶん整理できました。心地よさ100%で、今日はこれから花壇の花の植え替えをします。

読んでくださってありがとうございます!

IRU project 正敏

<正敏のこと>
今日の文章のように心の動きや身体の声を聞きながら、それぞれの星の舞台(ホロスコープ)を拝見し、エレメント(火地風水)も考慮し、あなたが自分を生きるための言葉を届ける仕事をしています。

星の舞台の主人公への手紙…ホロスコープを拝見して「手紙」を送ります。普通のホロスコープ鑑定と違うのは、主人公であるあなたへの思いを作品にすることです。
星の舞台に光をあてるセッション…ホロスコープを拝見してお一人お一人の気質・体質を踏まえた心身の健康にアプローチするセッションです。

 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

イラスト作成…似顔絵やイラストなど、ご相談に乗りながら制作していきます。

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。