最大限楽しんで生きることにした(mayu)

この1年半たくさんのことを学んで、世界のこと、身体のこと、心のこと、魂のこと、不思議なこと、まだまだ初歩だけど土台のようなものができたなと思っています。
特に、社会で大きな変化があった時期だから、その動きに正直戸惑うことはたくさんあったし、それがとにかくすごい勢いで加速していっているのに伴って、ここ数ヶ月はなんかかき立てられるように「伝える」という方にフォーカスして、なんとか形にしなければと焦っていた気がします。

でも、私自身でいうと、感染症そのものに対する不安って実はまったく感じていません。
それは、知識を身に付けたというよりは、この10年で培った身体感覚なんだと思います。
(ただ、「現象」に対しては、自分の自由が脅かされる気がして不安や不快に思うことはありましたし、やっぱりそのストレスもそれなりに大きかったのだろうと思っています。でも、果たして私には「それ以前」にどれだけ自由があったのだろう?とも。)

この10年「世間の波」から外れてやってきたことは、本当に大事な糧になっているし、多分これからそれがいい形で発揮されるだろうと感じています。

私が伝えるべきことは、「何を食べればいいか」「どうすれば健康でいられるか(病気にならないか)」「どんな選択をしていけばいいか」とか、そういうことではないんだと、だんだんわかってきました。

もちろんそれはすごく大事なことだし、生かせるところでは生かしていきたい。

実はそういう講座をやろうとして、資料もほぼ完成していたのですが、どうにも引っかかることがあって。

それは、「自分を生きる」という覚悟みたいなもの、どんなものにも決して曲げられない強い想いを大事にする勇気がなければ、どんな知識も結局新たな縛りや抑圧にしかならないということです。

私たちは今起こっていることから、どれだけ自分という、今ここで生きている存在を蔑ろにしてきたか気付き、生き直すチャンスをもらったのだと思っています。

時間は決して戻りません。今起こっていることの先の世界を生きていかなければなりません。そして、この世界には無限の可能性があります。同時に、私たちの生命は必ず、有限です。

世界はもうすでにはっきり分かれています。

私は、この生命を、自分という存在で、この世界で最大限楽しんで生きることにしました。

ずっと追い求めてきた自由を知るために、どんどん進んでいきます。

そのために、例えば「日々何を食べるか」「どんな選択をするか」があり、その先に「健康」「豊かさ」「幸せ」があるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。