お茶の絵を描くのが楽しくなってきた。 (正敏)

こんばんは、正敏です。

最近、絵を描くことをもう一度捉え直しています。

じつはちょっと文章を書く必要性をあまり感じなくなってきたこともあり、ブログからは少し距離を開けています。

でもこうして書いてます。

それは、トップの緑茶の絵を見てもらいたいなと思ったから。

今、お茶を飲む空間に興味が出てきています。

お茶って、柔らかくて繊細な香りと味があって、そして、器がいいと本当に味が変わるんですよね。それはコーヒーも同じだと思います。

社会的な音が止んで、あるべき音だけが鳴る空間。

正体不明の匂いが消えて、自分たちにだけ向けられた香りが充満する空間。

お茶を一緒に飲む時間は、何者にも代えがたい交換です。お茶と、人との。

お茶の絵を描くことも楽しくて。

あの透明感や器の影と光をもっと描いていきたい。そこに何かがあるなと感じるから。

IRU project 正敏

イラストはillustrationのページからご購入、ご依頼可能です。

<正敏のこと>

今日の文章のように心の動きや身体の声を聞きながら、それぞれの星の舞台(ホロスコープ)を拝見し、エレメント(火地風水)も考慮し、あなたが自分を生きるための言葉を届ける仕事をしています。

窓を開けるためのメール文通…風が流れるように、窓を開ける文通をメールでします。星の舞台の主人公への手紙…ホロスコープを拝見して「手紙」を送ります。普通のホロスコープ鑑定と違うのは、主人公であるあなたへの思いを作品にすることです。

星の舞台に光をあてるセッション…ホロスコープを拝見してお一人お一人の気質・体質を踏まえた心身の健康にアプローチするセッションです。

 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

イラスト作成…似顔絵やイラストなど、ご相談に乗りながら制作していきます。

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。