飲み物の絵を描くのが楽しい。 (正敏)

おはようございます、正敏です。

最近はすっかりブログを書くことについて肩の力が抜けてます。そして、ほぼ同時に絵に描く対象が変わってきて、飲み物と風景を描いています。

特に飲み物を描くのが楽しくて。

Illustrationのページにアップしていっています。

このブログのトップ画像のチャイのイラストもそうですし、このコーヒーのイラストも。

それから、緑茶も。

飲み物の色と透明度によって器の内側がどんな色になるのか、またテーブルに落ちる影の色をどう描くか。

色って改めて奥が深くて、飲み物の色を勝手に変えてしまうと飲み物として変わってしまうし、だけどただ見えているものをそのままの色で描くだけならつまらない。

絵を描くことで如何に楽しく、新しい世界が見られるか。

このプロセスが紙に定着したものを楽しんでいただけたら幸せです。

もう、何かしばらく文章書けないかも(笑)

もっともっと絵を描きたい!

IRU project 正敏

<正敏のこと>

イラスト作成
窓を開けるためのメール文通
星の舞台の主人公への手紙
星の舞台に光をあてるセッション

 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。