心が反応するもの、魂が燃えるものを、身体を使ってつかまえにいく。 (正敏)

おはようございます、正敏です。

最近大きな出会いがあり、世界の捉え方が急激に変わっています。

毎日自分のこと、IRU projectのことを見つめ直しています。
絵もどんどん変わっていて、やりたいことがますます正確に見えてきて、それにつれてやるべきことも決まっていってます。同時に、やるべきでないことはやらない。

セッションや講座、イラストをメインとしてやってきましたが、それらを踏まえながら新たにやっていきたいことが生まれています。

やりたいことをやる。

そのために改めて大切になってくるのが、僕の場合はイラストです。つまり、結局やりたいこと。

光をとらえて形にすること。

世界は光でできているので、とらえるものはそれしかない。

とにかく心が反応するもの、魂が燃えるものを、身体を使ってつかまえにいく。

もう、それをシンプルにやっていくことにしか興味がなくなってます。

早く光を形にしたい!

IRU project 正敏


<正敏のこと>
イラスト作成
窓を開けるためのメール文通
星の舞台の主人公への手紙
星の舞台に光をあてるセッション

 ※正敏のホロスコープについての考えはこちら

<ニュースレター>
PCではwebサイト右、スマホではサイト下に登録画面がございます。ブログとはまた違った言葉を不定期でお送りしています。

<インスタグラム>
@iruproject

<ツイッター>
正敏→@blueyellowline
麻由→@mayu_iruproject

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。