頭を従えた心。 (正敏)

頭ではなく、心で生きる。 ようやく腑に落ちた。 心はいつも目覚めていて、奥ゆかしく囁いている。 頭は言葉巧みに堂々と捲し立てるから、心の声をかき消してしまう。 いろんな本やブログで何度も触れてきた。 その言葉も、心が味わ...

絵を描くときのこと。(掴んで出して、対話して、出して) (正敏)

数日前から白い紙に黒い線が数本引かれているイメージが浮かんでいました。 それが何かわからないまま、放っておきました。 今朝それが紙の上に生まれたので、そのプロセスを描いてみようと思います。 戦いが起こらないように、とにか...