星の舞台の主人公への手紙(≒ホロスコープ鑑定)

(現在あなたの魅力を紐解く対話型セッション  ホロスコープ鑑定×ポートレイト×ギターがメインセッションですが、「星の舞台の主人公への手紙」のみのご依頼の方に向けて、こちらの説明文を残しています。)

西洋占星術によりホロスコープを見せていただき、僕が感じたことをA4サイズ一枚の手紙(鑑定文書)にして、お送りいたします。
星占いというよりは、星の舞台の主人公(あなた)へ宛てた手紙、とお考えいただくとイメージがつかみやすいかもしれません。

よくある鑑定サービスと違う点は、ホロスコープの解説や運勢を予言するものではなく、あなたに向けた僕の言葉であなた自身を知ってほしいという「思い」を大切にしているところかと思います。

占星術やホロスコープ、占いにご興味がある方にも、IRU projectにご興味を持ってくださっている方にも楽しんでいただけるものになると思っています。少し、僕の考えを読んでいただけたら嬉しいです。
また、ホロスコープ鑑定と心身の健康に向かうセッションはこちらで行なっています。

ホロスコープとはなにか

ミクロの世界とマクロの世界をフラクタルに見ると、僕たち人間と星は同じ元素から構成されています。人と星は共鳴します。

僕は朝日を浴びたら心が解放され、夕日を見たら切なくなります。
体液では電子の受け渡しによって電気が流れ僕たちは生きているし、海では月の満ち欠けによって干満が起こり生命が循環しています。

星の自転や公転のエネルギーが世界を創造し、壊すことを繰り返します。電子のエネルギーで僕たちの心身は維持されつつ変化しています。それはホメオスタシスと呼ばれます。

あなたのホメオスタシスは宇宙とあなたの共鳴であり、そこに正しさの基準なんてありません。持って生まれた自分の塩梅を知り、自分を生きることが大切です。
ホロスコープはホメオスタシスを描いていると言えます。生まれ落ちた瞬間に太陽から降り注いでいるエネルギー、月がいる場所、冥王星が外宇宙から送るメッセージ…。
ホロスコープを知ることは、社会の正しさの基準を脱ぎ捨て、星の舞台を自分として生きるヒントになるはずです。

ホロスコープという上演前の舞台には、太陽や月などのキャラクター「サイン」という雰囲気「ハウス」という場面などが設定されています。そしてあなたの台詞や行動や結末は決まっていません。
主人公は今ここにいるリアルなあなた自身で、人生はあなたが決めることだからです。あなたのために用意された舞台をそうと知らずに生きるか、主人公として精一杯生き切るか。僕の手紙が一つのきっかけになれば、嬉しいです。

手紙で伝えたいこと

ホロスコープは決定論ではないし、予言でもメカニズムでもないと僕は考えます。ホロスコープで人のすべてがわかることなどありません。

星の舞台は主人公のためにあります。もっと言えば、舞台と主人公はひとつであり、本当は太陽も月も水星も冥王星もあなた自身です。(占星術家の松村潔さんはこれを「全惑星意識」と呼んでおられます。アーユルヴェーダで言われるサットヴァも近い状態だと思います)
それは宇宙と僕たちがひとつであるということでもあります。

現代は正しさの基準が無数にあり、何を信じたらいいのかがわからず、自分が何を信じているのかにすら気づく余裕がない社会に思えます。

僕は手紙を通してあなたがいる星の舞台とあなた自身を知ってほしいと思っています。必ず、見えてくるものがあります。
自分のために用意された星の舞台を全身で味わってすべて自分のこととして生きるなら、社会・世界・宇宙とあなた自身はもっと心地よいものになっていきます。

星の舞台の主人公への手紙、受け取っていただけることを楽しみにしています。

星の舞台の主人公への手紙の詳細

メールで簡単な連絡のやり取りをしたのち、ホロスコープを拝見し、手紙をお届けします。

料金:10,000円(税込、送料込み)7月31日までのお申し込みで5,000円のモニター価格とさせていただきます。代わりにご感想をいただけることをお願いしています。また可能であればSNS等で拡散いただけましたら嬉しいです。
  

   お支払い方法は口座振込かLINEペイとなります。(詳細はメールにてお伝えいたします)

contactからお名前、メールアドレス、題名に「星の舞台の主人公への手紙」と書いていただき、

本文に
①誕生年月日と誕生時間(不明の場合は不明でOK)、出生場所(都道府県、海外の場合は都市名)
②手紙の送り先ご住所
③個別セッションご希望かどうか(手紙が届いてから追加でも可能です)
④何か気になっていること、叶えたいこと、好きなことなど
⑤ご希望のお支払い方法(口座振込orLINEペイ)

をご記入いただき、お申込みください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。